マスク不足って何だったのか?って考えてみた

posted in: ひとりごと | 0

少し前までマスクを探し回っていましたが、最近、コンビニでも在庫がある店舗を見かけるようになってきました。

マスク不足は何だったのか?と

【マスク不足】について物流のプロとして考察してみた!
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るっておりマスク不足がメディアで話題になっています。
そこでなぜ、マスク不足が発生したのか。増産というニュースをよく耳にするのになぜ小売店さんの棚には姿、形もなかったのか。それらを物流のプロである山口物流が考察してみました。

① マスク不足とは
モノが不足するとは何かという事について考えてみたいと思います。
モノが不足するとは需要量に対して供給量が足りていない時の状態を言います。
ここで考えないといけないのが今の需要量はどれくらいか、供給量はどれくらいかとう事です。

まず需要量について考えてみます。
この様な新型コロナウイルスが蔓延している状況では全国民が使い捨てのマスクを1日1回交換するという事が理想だと思います。
需要量、理想供給量は1.2憶枚×365日=年間438憶枚となります。
『赤ちゃんとか着ける必要がない人もいる』という声が聞こえてきそうですが、その分は後述する“家庭内在庫”を増やす為の予備として考えました。

つまり『年間438憶枚のマスクが国内に流通していればマスク不足は起きない』という事になります。

では、この需要に対し供給はどのくらいかを確認してみましょう。
下表が示すとおり、2018年の流通量は約55憶枚、内輸入量は約44憶枚となります。

 

 

*一般社団法人 日本衛生材料工業連合会HPより